育毛剤の正しい選び方

育毛剤の正しい選び方

年々、薄毛や抜け毛に悩む方が増加しており、薄毛の原因も人それぞれ異なっているため、育毛剤の種類も多岐にわたっています。
そのため、どの育毛剤が良いのか悩んでしまうという方が多くなっています。
まず、自分に最適の育毛剤を探すためには、自分の薄毛の原因を突き止めることが重要ポイントとなります。
育毛剤に使用されている成分とその効能は商品ごとに異なっています。
例えば、頭皮の乾燥が原因で薄毛になっているのに、皮脂の分泌を抑制する効果がある育毛剤を使用した場合、薄毛の原因とまるっきり反対の対策をしていることになり、効果は全く得られないでしょう。

 

育毛剤の種類は大きく4つに分けられます。

 

・血行促進効果がある育毛剤
頭皮の血行を促進し、毛乳頭へしっかり栄養を行き届けることで、髪の成長を活発にします。このタイプの育毛剤には、血管拡張作用をもつミノキシジルを配合したロゲインやリアップなどがあります。

 

・男性ホルモンを抑制する
毛母細胞の働きを阻害する男性ホルモンの分泌を抑制します。
男性ホルモンが原因となっている薄毛は、こめかみから薄くなるM字型と頭頂部が薄くなるO字型があり、これらは遺伝が原因であることも多くなっています。特に、直系家族に薄毛の方がいるのであれば、この男性ホルモン抑制タイプの育毛剤が有効です。

 

・栄養補給タイプ
頭皮にビタミンなどの栄養を補給することで、毛母細胞を刺激し、細胞を活性化させます。特に、栄養が偏っている方やダイエット中の方に適したタイプです。

 

・皮脂抑制タイプ
皮脂の過剰分泌を抑制するタイプの育毛剤です。
頭皮が脂っぽい方や頭皮にかゆみがある方はこのタイプの育毛剤がおすすめです。

 

育毛剤は、使い始めたからといってすぐに効果が出るものではありませんので、3ヶ月から6ヶ月程度、継続使用することをお勧めします。
また、頭皮環境を改善するだけでは不十分で、まずは、土台となる身体が健康でなければ、髪に十分な栄養素を補給することができません。

 

育毛剤口コミランキング

 

 

育毛剤の種類と効果

 

近年は次から次へと新商品が開発され、さまざまな育毛剤が出回っています。
育毛剤で一般的になっている外用薬タイプの場合、直接頭皮に噴射したり、頭皮を揉み込むようにマッサージすることで有効成分を浸透させていきます。
内服薬タイプの場合、錠剤やドリンク剤で有効成分を体内に取り込み、体の内側から育毛のために働きかけます。
従来の育毛剤といえば、外用薬タイプが主流となっており、頭皮に直接塗って、手で揉み込んでいくというイメージがありました。
現在は、内服薬タイプの育毛剤の人気も高くなっています。
内服薬は、飲むだけであるため、簡単に摂取できますので、これまでの育毛剤で効果が見られなかった方にもおすすめできます。
ただし、内服薬タイプは途中で服用を中止してしまうと、薄毛が進行する可能性があるため、長期間継続して使用することが大切です。
その他、ヘアケアタイプには、育毛シャンプー、育毛コンディショナー、育毛トニックなどがあります。
ヘアケアタイプには即効性はありませんが、頭皮を清潔に保つことで抜け毛予防につながります。

 

育毛剤は、作用については5つに分かれています。

 

・男性ホルモンの働きを阻害する
・頭皮の血液循環を促進する
・毛母細胞を活性化させる
・傷んだ頭皮を修復する
・発毛環境を体内から整える

 

・育毛剤の効果
毛母が残ってさえいれば、育毛剤の効果は期待できます。休止期に入っている毛母さ脂肪や毛乳頭が髪を作るためには、それなりの時間が必要となりますので、毛母細胞や毛乳頭が活性化しているうちに使用を始めることをおすすめします。
脱毛症のタイプを分析し、頭皮環境を整え、使用方法を守りさえすれば、育毛剤の効果が発揮できます。